発心門王子

発心門王子(ほっしんもんおうじ)は、九十九王子の中でも最も格式の高い五体王子のひとつに数えられています。

後鳥羽上皇と藤原定家一行は、近くの尼寺で宿泊をした記録が残されています。

ここよりいよいよ本宮の神域に入ります。

本宮大社前から発心門王子行きバスに乗り、本宮大社に歩いて戻って来ます。

 

発心門王子に立ち寄るコース


  • 和歌山県南部の天気