牛馬童子像

牛馬童子像(ぎゅうばどうじぞう)は、箸折峠(はしおりとうげ)にある牛と馬の2頭の背中の上に跨った像で、花山法皇の熊野巡礼を模したものとも言われており、今では中辺路のシンボル的存在となっています。

近くの集落・近露(ちかつゆ)という名は、花山法皇がこの地に来られた際の故事にちなんで名づけられたとされています。

牛馬王子道の駅から約800mの場所に鎮座します。

中辺路のシンボル的存在の牛馬童子(左)、右は役行者像

 

 牛馬童子に立ち寄るコース


  • 和歌山県南部の天気