近露王子

近露王子(ちかつゆおうじ)は、九十九王子の中でも最も早い時期から現れたもののひとつ。熊野詣の宿場として賑わった近露の里の中に鎮座して、産土神としても祀られていました。

現在社殿は近くの近野神社に合祀されありませんが、後鳥羽上皇は藤原定家らとここで歌会を開いています。

11月3日には近露王子・近野神社・継桜王子で和歌山県の無形民俗文化財「野中の獅子舞」が奉納されます。

 

近露王子に立ち寄るコース

 

 

 

 


  • 和歌山県南部の天気