大雲取越

大雲取越(おおぐもとりごえ)は、熊野三山のひとつである熊野那智大社より本宮へと向かうコースの一部で、熊野古道中辺路の最大の難所と言われるコースです。

特に越前峠~小口にいたる「胴切坂」は、標高差約800m。コース中最大の難所です。

かつては国道42号線が出来るまでのメインルートで、深い山中には当時のメインルートを証明するかのようにいくつかの集落跡が点在しています。

藤原定家一行は那智参詣後の大雨の日にこのルートを通っており、輿に乗っていた定家は「輿の中海の如し」と日記につづっています。

途中には、熊野灘を一望できる舟見峠や、熊野の神々が座って談笑したといういわれがある円座石(わろうだいし)、苔むした石畳・石垣などを見ることができ、また、昼間でもいつのまにか霧に包まれたりと、他の古道とは一線を画した独特の雰囲気を味わうことができます。

踏破した後は他のコースでは味わえない達成感に包まれることでしょう。

また、近年は小口から那智に抜ける外国人の姿が増えました。

熊野古道の神秘的な雰囲気が感じられるコースを、Mi-Kumanoガイドと一緒に歩いてみませんか。

コース概要

難易度 ★★★★★
距離 15.7km(小口~那智の滝まで)
 所要時間 7時間~9時間
備考
  • ガイドをご指名の場合は別途1,000円を申し受けます。

行程

<那智大社→小口の場合>

  • 集合場所: 那智山バス停(那智駅よりバスで約20分)
  • 集合時間: 8:00
  • 終了場所: 小口
  • 終了時間: 15:00~16:00

<小口→那智大社の場合>

  • 集合時間: 小口(本宮方面よりバスで約1時間10分、新宮方面よりバスで約45分)
  • 集合時間: 8:10
  • 終了場所: 那智の滝前バス停
  • 終了時間: 16:00~17:00

その他

  • お客様分のお弁当は、原則お客様でご用意いただいております。お弁当付きプランをご用意しているお宿もございますので、一度宿泊予定の宿にお問い合わせください。
  • 路線バス時刻表はこちら
  • コース地図はこちら

お問い合わせ

  • HPに掲載のないコースや、ご不明な点等は、以下のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合わせ内容


  • 和歌山県南部の天気