大辺路(周参見駅~見老津駅・見老津駅~田子駅)

7月、8月にかけて大辺路の長井坂(周参見駅~見老津駅)と見老津駅~田子駅まで歩いてきました。

http://www.wakayama-kanko.or.jp/walk/oohechi/susami.html

http://www.wakayama-kanko.or.jp/walk/oohechi/mirozu.html

大辺路は国道42号線と同化している部分が多々あり、基本的に国道を基点に出入りする形になります。

長井坂はその中でも往時の面影を色濃く残し、大辺路でも屈指の景観を誇るルートです。

 

見老津駅~田子駅間は、国道と古道を出入りしながら海岸線を通ったり、距離は短いですが、昨年(2016年)世界遺産に追加登録された新田平見道(にったひらみみち)を歩いたり、集落を通ったりしながら進みます。

案外、外国のお客様は地元の人々の生活に興味を示され、どうやって生計を立てているのか?とか、人口は何人くらいか?などの質問を良く受けますので、山歩きの同じ景色を歩くよりも、飽きが来ないかもしれません。

また、決して万人向きとは言い難い中辺路と比べて、大辺路は高低差があまりなく、初心者でも十分楽しめるコースだと思います。また、比較的温暖なため、冬でも十分楽しめますし、積雪の心配もほとんどありません。

春と秋は中辺路、冬は大辺路・・・のようなイメージが定着すれば、熊野に来ていただけるお客様も増えるのではないかと考えています。