年数より経験

お客様から必ずといっていいほど受ける質問の中に

How long have you been a guide?

というものがあります。

わたしは、今は正直に答えていますが、ぶっちゃけ、デビュー当時は「詐称」していました(笑)

ちなみに今年(2018年)11月9日で丸4年となります。

これが長いか短いかは意見の分かれるところだと思いますが、要は「年数」ではなく「経験回数」です。

先日の現場ウォークでの会話の中で経験年数を質問され正直に答えたところ、「10年くらいだと思っていました」とのこと。

年数でいうとまだ「ペーペーレベル」ですかね(笑)

これは運転技術と似ています。

あなたが2人のうち、どちらかに運転をお願いするとします。

一人は免許取得から30年だが、年に2~3回しか運転しない人、もう一人は運転歴は3年だけれど毎日運転している人。

あなたはどちらにお願いしますか?

毎日するような仕事、たとえば事務であるとか、物作りをしているとかならば「年数=経験」として測れると思いますが、お分かりの通りガイドも運転もどちらも経験回数による技術がものをいう世界ですので、安易に年数では測ることができません。

運転中に危険な目に遭うことによってそれが自分の経験値となり、次に同じことが起こりそうな状況になった場合に回避できたり、逆に美しい景色の中を気分よく運転する時の喜びを伝えることができるようになります。

ちなみにわたしは、昨年は130日、一昨年は150日程度ガイドに出ています。これは、10年の経験がありながら年に2~3回の実務経験しかない通訳案内士よりも確実に密度が濃いです。

すべては経験から。

机上の勉強からだけでは得られないものを、なるべく早く経験していただきたい。

その準備のお手伝いをさせていただくために、この講座が生まれました。

割引適用期間は今日までです。

https://mi-kumano.com/archives/37909