Joaquinホアキンさん(那智)

大門坂駐車場で待ち合わせ、小雨交じりの中大門坂よりスタートする。
樹齢800年の夫婦杉に圧倒されて、どちらが男性かと質問を投げかけて緊張を解きました。大門坂茶店跡でお土産に小物入れ袋を買う。
大門坂を通り抜けるのに通常30分程ですが、とにかく杉と樟の大木を見つけると釘づけ状態になり、一心不乱にカメラを向けていました・・・大門坂の頂上まで約2時間要しました。
那智大社では参拝することなく,寧ろ大社から望める那智原始林に心を奪われていました。
ここでも樹齢850年の大樟に興味を示していた!
青岸渡寺を訪れると、日本一の大鰐口にビックリの様子を示し、お寺では拍手ではなく合掌することを教えて、彼は慎重な面持ちで参拝していました。
神社よりもお寺のほうに興味があるように感じました。
青岸渡寺から日本一の滝を眺めて感慨深げの表情をされていました。
昼食は青岸渡寺横の食堂で山菜ソバを食べました・・・メニューは写真入りの簡単な英語で書かれていたので、ホアキンさんにとっては解りやすかったと思います。
さらに、そのお店の心のこもったおもてなしに感動させられました・・・それは簡単なケースに入った三枚の綺麗な写真の中から一枚プレゼントしてくれるのです。
彼は大喜びで大門坂の写真を受け取りました・・・素晴らしいおもてなしであると思います!
三重の塔(入館料200円「ですが、外国人は2割引きの160円)から見える那智の滝に超感動し、滝の近くまで行けますかと質問があり、すぐ近くまでいけますよと言ったら嬉しそうにしていました。
那智の滝に到着・・・間近に見る那智の滝の神秘的な美しさに暫し目を奪われていました。
滝拝観所に入り延命の水をいただいてから、間近に迫る迫力ある那智の滝に釘付けとなり
いろんな角度からたくさんの写真を撮っていました。
今回の熊野古道~熊野三山を巡る三日間の熊野の旅の感想・・・①熊野古道から望める緑鮮やかな山々と森の美しさの自然を体感②熊野古道沿いの杉・樟の大木に感動③とにかく
熊野は”beautiful”な場所と言ってました!

ボランティアガイド 中山 仁