熊野古道バイリンガルウォーク 最終回

熊野古道バイリンガルウォーク 最終回

Kumano Kodo Walk

2月19日(日)、今年度最後の祈りの道・熊野古道バイリンガルウォークが開催されました。

前日の悪天候とは違いすごく良い天気に恵まれ熊野古道三山を巡るラストを飾る「那智」を目指し補陀洛山寺から歩きました。

まずは、世界遺産の補陀洛山寺に行き、九世紀の半ば過ぎから僧侶が浄土を目指して旅立っていった南海の彼方をめざした死出の旅「補陀洛渡海」についての説明を聞きました。

その後、昼食をとり大門坂を歩きました。

大門坂は、600m程の石畳で古い杉やクスノキなど熊野古道らしい雰囲気を楽しめる場所で楽しく歩くことが出来ました。

大門坂を歩き終えると那智大社と青岸渡寺が見えてきました。

青岸渡寺は、西国三十三カ所の観音菩薩を巡礼する第一番札所として多くの信仰を集めてきた場所などを訪れ那智大社のご神体である那智の滝を参拝しました。

少しお金を払うと那智の滝の近くまで行くことが可能で長生きすると言われる那智の滝の水を飲みました。

那智エリアは、見どころたくさんで本当に最後に相応しい良いバイリンガルウォークとなりました。

これも皆さまが1年を通して祈りの道・バイリンガルウォークにご参加下さったおかげです。

色々と支えて下さり本当にありがとうございました。

また、来年度からは違う形での熊野古道ウォークを考えておりますのでよろしくお願い致します。

ご参加下さった皆様

Team A

Team B