日本は、カジノの設立に課せられた制限とギャンブルの禁止により、ギャンブルの世界から切り離されたままです。国が後援するいくつかのスポーツや宝くじを除き、あらゆる形態のギャンブルは禁止されています。ただし、このままずっと変わらないわけではありません。日本はこれまでにカジノを設立する準備が整えてきたので、今後変化していくことが予想されています。統合型リゾートとして、最初の3つのカジノをつくるライセンスの入札が行われ、多国籍企業間の競争が始まりました。これから日本がギャンブル文化にどのように対応していくかをチェックしていかなければいけません。  日本におけるギャンブルの歴史: 日本で最古のギャンブルの記録は、6世紀にまでさかのぼります。当時は、社会の上級階層が法廷での娯楽の一つとしてギャンブルをしていました。時間とともに、ギャンブルは人々の間で普及していきました。ギャンブルの規制に対する最も近代的な整備と改正は、1900年初頭に適用されました。しかし、戦争が開始したため、この産業は禁止されました。日本におけるギャンブルの歴史について興味深いことの一つは、世界大戦による被害を受けた後の経済回復を図るために、ギャンブルの収益を利用したということです。  現状: 日本は刑法第2条に従って、あらゆる形態のカジノとギャンブルを禁止しています。ただし、国が運営する宝くじやモータースポーツなど、一部のスポーツには例外があります。例えば、パチンコは全国に普及しています。日本は、アメリカよりもピンボールマシンの台数が多いのです。それにもかかわらず、カジノ産業は完全に禁止されており、既存の法律に違反すると厳しい罰則が科せられます。2000年以降、ギャンブル産業を合法化するためのさまざまな試みが行われてきました。中でも、最も顕著な試みは2015年に行われ、2018年に承認されました。大阪、東京、横浜の3つの都市で、統合型リゾートとしてのカジノが合法化される予定です。  大阪カジノ: 大阪において、ギャンブル産業のライセンス獲得を希望している会社は、たったの1社だけです。しかし、東京と横浜には、ライセンス獲得に躍起になっている企業が複数あります。カジノは2020年に設立される予定でした。しかし、現在直面している異例の事態とパンデミックのため、このプロセスにはさらなる時間がかかる可能性があります。それまでは引き続き、現在の法律が適用されます。  オンラインカジノ: オンラインカジノに関しては、日本はあいまいな状況です。日本のサイトが運営しているオンラインカジノはありません。しかし、だからといって、外国のギャンブルサイトでプレイできないというわけではありません。ただし、プレイヤーを守ってくれる法律はないということを覚えておいてください。法的支援が必要な場合は、オンラインカジノが運営している国の法律を参照しなければいけません。  まとめ: 日本では、カジノ設立までの道のりを確立し、ギャンブル産業への参入に向けて準備を進めていく一方で、果たすべき責任も多くあります。高水準を保ちながら、卓越したゲーム体験を提供するためには、まだやるべきことがたくさんあるのです。

大阪カジノ

日本は、カジノの設立に課せられた制限とギャンブルの禁止により、ギャンブルの世界から切り離されたままです。国が後援するいくつかのスポーツや宝くじを除き、あらゆる形態のギャンブルは禁止されています。ただし、このままずっと変わらないわけではありません。日本はこれまでにカジノを設立する準備が整えてきたので、今後変化していくことが予想されています。統合型リゾートとして、最初の3つのカジノをつくるライセンスの入札が行われ、多国籍企業間の競争が始まりました。これから日本がギャンブル文化にどのように対応していくかをチェックしていかなければいけません。

 日本におけるギャンブルの歴史:

日本におけるギャンブルの歴史

日本で最古のギャンブルの記録は、6世紀にまでさかのぼります。当時は、社会の上級階層が法廷での娯楽の一つとしてギャンブルをしていました。時間とともに、ギャンブルは人々の間で普及していきました。ギャンブルの規制に対する最も近代的な整備と改正は、1900年初頭に適用されました。しかし、戦争が開始したため、この産業は禁止されました。日本におけるギャンブルの歴史について興味深いことの一つは、世界大戦による被害を受けた後の経済回復を図るために、ギャンブルの収益を利用したということです。

 現状:

日本は刑法第2条に従って、あらゆる形態のカジノとギャンブルを禁止しています。ただし、国が運営する宝くじやモータースポーツなど、一部のスポーツには例外があります。例えば、パチンコは全国に普及しています。日本は、アメリカよりもピンボールマシンの台数が多いのです。それにもかかわらず、カジノ産業は完全に禁止されており、既存の法律に違反すると厳しい罰則が科せられます。2000年以降、ギャンブル産業を合法化するためのさまざまな試みが行われてきました。中でも、最も顕著な試みは2015年に行われ、2018年に承認されました。大阪、東京、横浜の3つの都市で、統合型リゾートとしてのカジノが合法化される予定です。

 大阪カジノ:

 大阪カジノ

大阪において、ギャンブル産業のライセンス獲得を希望している会社は、たったの1社だけです。しかし、東京と横浜には、ライセンス獲得に躍起になっている企業が複数あります。カジノは2020年に設立される予定でした。しかし、現在直面している異例の事態とパンデミックのため、このプロセスにはさらなる時間がかかる可能性があります。それまでは引き続き、現在の法律が適用されます。

 オンラインカジノ:

オンラインカジノ

オンラインカジノに関しては、日本はあいまいな状況です。日本のサイトが運営しているオンラインカジノはありません。しかし、だからといって、外国のギャンブルサイトでプレイできないというわけではありません。ただし、プレイヤーを守ってくれる法律はないということを覚えておいてください。法的支援が必要な場合は、オンラインカジノが運営している国の法律を参照しなければいけません。

 まとめ:

日本では、カジノ設立までの道のりを確立し、ギャンブル産業への参入に向けて準備を進めていく一方で、果たすべき責任も多くあります。高水準を保ちながら、卓越したゲーム体験を提供するためには、まだやるべきことがたくさんあるのです。

1 min read